【三菱・デリカD5】のオプションパーツやナビゲーションについて

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】オプション

<快適装備のおすすめメーカーオプションは?>

デリカD:5には7種類のパッケージメーカーオプションが用意されていますが、特におススメできるのが「D-パワーパッ

ケージ」と「G-パワーパッケージ」に設定されている「ラグジュアリーパッケージA」です。

その内訳は、D-パワーパッケージ用が運転席パワーシート、G-パワーパッケージ用が運転席パワーシート+運転席・助手席シートヒーターとなっています。

運転席パワーシートは、スライド/リクライニング/ハイト/チルトの4項目をスイッチひとつで調整できる装備で、手動

調整式と比べはるかに簡単・快適にベストポジションが得られるメリットがあります。

また、運転席・助手席シートヒーターは、スイッチを入れると速やかに座面とシートバックが暖まるため、冬場の快適性が大きく向上します。

価格はD-パワーパッケージ用が32,400円、G-パワーパッケージ用が54,000円で、得られるものの大きさからすれば割安と言えるでしょう。

<2WD車なら寒冷地仕様>

2WD車の場合、ドアミラー鏡面の凍結を防止する「ヒーテッドドアミラー」や3列目シートに温風を導く「サードシー

トヒーターダクト」、速暖性の高いPTCヒーター採用より暖房性能を向上させる

「スタートアップヒーター」が標準装備されず、「寒冷地仕様」と呼ばれるセットオプション扱いとなっています。

これらは特に寒冷地ではない地域でも、大きなメリットを感じられる装備です

し、価格も43,200円とそれほど高価ではないので、付けておいて損はありません。

<エクステリアのおすすめディーラーオプション>

大型バンパーコーナープロテクター+大型フォグランプ

エクステリアに逞しさをプラスするアイテムとしておススメしたいのが、フロントに装着する大型バンパーコーナープロテクター(52,488円)と大型フォグランプ(46,742円)です。

前者は単なるドレスアップアイテムではなく、オフロード走行時に石跳ねなどによる傷を防ぐ効果があります。

また、後者は霧などの悪天候時の視界確保に威力を発揮する補助ランプで、光源の色はクリアとイエローの2種類が用意

されていますが、これは好みで選んでも問題ないでしょう。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】ナビゲーション

<クラリオン/スーパーワイド2DIN-7.7型メモリーナビゲーション>

ナビの選択肢として、ベーシックグレード「M」にはディーラーオプションのアルパイン/大画面9型メモリーナビゲージ

ョン」と「クラリオン/スーパーワイド2DIN-7.7型メモリーナビゲーション」が、さらにD-プレミアムとG-プレミアムにはそれにプラスして、メーカーオプ

ションの「7インチWVGAディスプレイメモリーナビゲーション」が用意されています。

<ヘビーデューティキャリア>

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/purchase/accessory/lineup/delica_d5/

\140,292【消費税抜価格:本体\120,000+\9,900(工賃)】[全車](記載は消費税率8%での価格です。)

ワイルドで実用性の高いアルミ製大型キャリア。装着時の車両全高を2.1m以下におさえ、日常の使いやすさにも配慮。

長さ1,804mm×幅1,239mm×高さ154mm(フット部は含まず)。最大積載重量:50kg。
※ヘビーデューティキャリア専用のベースバーアタッチメントを装着することにより、各種アタッチメントの装着が可能です。

<リヤラダー>

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/purchase/accessory/lineup/delica_d5/

\116,856【消費税抜価格:本体\95,000+\13,200(工賃)】[エレクトリックテールゲート付車を除く](記載は消費税率8%での価格です。)

ルーフキャリアへの荷物の積み降ろしなどで活躍する大径ステンレスパイプ製の重厚感のあるラダー。

リヤコンビランプ周辺の視認性を考慮したオリジナルデザイン。

テールゲート全開状態を保持するテールゲートストッパーも付属。最大耐荷重:90kg。

※リヤディフレクターとの同時装着もできます。

※リヤラダーの装着に際してはナンバープレートを取り外し、再封印する必要があります。

場合によっては別途費用が発生しますので詳しくは販売会社にご相談下さい。

\116,856【消費税抜価格:本体\95,000+\13,200(工賃)】[エレクトリックテールゲート付車を除く](記載は消費税率8%での価格です。)

<バックカメラ埋め込み>

ちなみにバックに埋め込みカメラをオプシヨンで装着の場合にはギアをバックに
入れると同時にナビ画面にバック状況がみて取れます。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】パーツ

<マッドフラップ>

マッドフラップは石跳ねや泥跳ねなどからボディを守るとともに、外観面でもヘ

ビーデューティーなイメージが付加されるので、デリカD:5にピッタリのアイテムと言えます。

価格は34,236円と少々張りますが、検討に値するオプションです。

<リバースミラーコントローラー>

シフトレバーを「R」レンジに入れると自動的に左側のドアミラーが下方に向く装備で、駐車スペースの白線が認識しや

すくなるので駐車がラクになるほか、道路の縁石ギリギリに寄せる場合にも重宝します。

手動でいちいちミラーを下に向け、また元の位置に戻すのは思いのほか面倒な作

業なので、21,924円で付けられるこのオプションを強くおススメです。

ナビを付けない、又は目視で後方確認するならリヤアンダーミラー

ベルトラインの位置が高いデリカD:5は、その分死角も大きくなります。

特に後退する際は、直後の幼児や丈の低い障害物などが見えないので、思わぬ事故につながる可能性もあります。

そんなアクシデントを防止するアイテムとしておススメしたいのが、後方の死角を減らすことができるリヤアンダーミラーです。

目視でミラーを見る事で、壁ギリギリまでバックする事も出来ます。

今時はナビのバックカメラが主役ですが、ナビを付けないなら、付けておきたいオプションです。

<車中泊をするならジョイントクッション>


広い室内スペースを誇るデリカD:5は、キャンプや車中泊をしながらの旅行にもピッタリですが、そんな場合におススメしたいのが「ジョイントクッション」(29,160円)です。

6分割式のクッションをマジックテープで接続してフルフラット化したシートの上に敷くことで、2名分のベッドスペースが出現します。

多少の傾斜が残ってしまうのが難点ですが、シートのみの場合よりもずっと快適な睡眠が取れるでしょう。

<本革シートは高価過ぎるうえ不釣り合いかも>

パッケージメーカーオプションの「ラグジュアリーパッケージB」または「ラグ

ジュアリーパッケージE」を選んだ場合に付いてくるのが本革シートですが、価格はバンジーコードがセットになった前者が172,800円、さらに様々なインテリ

アの加飾が付加される後者が204,120円とかなり高額な設定となっています。

本革ならではの質感の高さや手触りの良さは確かに魅力なのですが、高級セダン

ならともかく、カジュアルに使いこなしてこそ本領を発揮するデリカD:5には不釣り合いな装備とも言えます。

予算がふんだんにある場合は別ですが、限られた予算内でなるべく実利のあるオ

プションを選択したい場合は、避けた方が賢明かもです。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする