【三菱・デリカD5】ヴォクシーとの比較はどっちが? 価格・ 大きさ・燃費

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】VS【ヴォクシー】 価格

・ヴォクシー 225万円4,255円~273万9,273円

・デリカD5  240万8,400円~405万5,400円

価格だけ見るとやはりヴォクシーがお得に感じられます。

クリーンディーゼルや悪路走破性等、デリカD5の付加価値は認めつつも、やは

り一般的にはヴォクシーの方がリーズナブルに感じられるのではないでしょうか。

ということでヴォクシーに軍配

ヴォクシー

・ 先代よりも室内の使い勝手は確実に良くなった。

・2列目はロングスライド可能だったり3列目の格納方法も進化している。

・ ボンネットの端が少し盛り上がっているので車幅感覚がつかみやすい。

・内装のつくりなど、決して高級感はないけれど気分が上がる。

・ 動力性能やハンドリングについて、取り立てて良くはないけれど不満はない。

・ なんといってもエクステリアデザインが気に入った。ノアだと少し所帯染みたイメージだし、エスクァイアは少しおじさんっぽいので。

デリカD5

・ 2.2≠フディーゼルターボエンジンは最近の欧州車のものほど洗練されてはいないが、むしろディーゼルらしい感じが良い。

・ ミニバンというより7人乗れるSUVと考えて購入したので多少ラフな点があっても満足している。

・ 月面探査車のようなデザインが気に入っている。

・ デパーチャーアングルがハンパ無く、多少の悪路や雪道でも安心して運転できる。

デリカD5は初登場が2007年1月ということで、デビューからまる10年!口コミ

からも熱心なファンが多いことが伺えます。

もしヴォクシーが10年間モデルチェンジしなくても同じ位受け入れられるか?というと疑問????です。

ということで、デリカD5に軍配

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】VS【ヴォクシー】 大きさ

2台とも機械式駐車場を利用できない可能性があります。

※ 機械式駐車場判断基準:全高1,550mm*全長5,000mm*全幅1,700mm以下

室内空間比較

グレード

デリカD5:2.0 M

ヴォクシー:2.0 X Cパッケージ

室内長

デリカD5:2915mm

ヴォクシー:2930mm

室内幅

デリカD5:1505mm

ヴォクシー:1540mm

室内高

デリカD5:1310mm

ヴォクシー:1400mm

車体重量

デリカD5:1680kg

ヴォクシー:1560kg

乗車定員

デリカD5:8名

ヴォクシー:8名

室内の容積は5.75m3対6.32m3です。乗車定員は両車同じ8名ですので、室内容積で割ると約0.72m3対0.79m3のス

ペースが1人あたりに割り当てられます。

ヴォクシーはデリカD5と比べると、長さ+15、幅+35、高さ+90mmです。
ヴォクシーの室内空間のほうが大きいです。

軽快な走りをするために気になる重量ですが、120kgほどヴォクシーが軽くなっています。

ヴォクシーの内部の車高は高いので背が高い人や老人もそこまで屈む必要がありません。

2台とも装備しているブレーキアシストは、ブレーキを踏む力が不十分な時に
ドライバーに代わりブレーキ力を強めて

くれ、万が一衝突をしても衝撃を軽減し事故の被害を減らすことができます。

2台とも装備している横滑り防止装置はカーブを曲がるときに車がカーブの外側へのふくらんだり、内側へ巻き込んだり

する挙動を防止して安定した
走行をサポートするシステムです。

2台とも装備しているシステムなるので、ここは引き分けで

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】VS【ヴォクシー】 燃費

4WDだと燃費も悪くなる?

・4WDだとどうしても燃費が悪くなることは避けられません。

・ミニバンに搭載されている4wdシステムが補助的な役割であると言っても、同じ車の2wdと比べて車両重量が100キロほど増します。

・実燃費に目を向け情報を集めている方にとって「2wdに比べてそんなに悪い数字ではない」という印象を受ける方も多いのではないでしょうか。

・実燃費情報とは「情報量に対する平均値」でしかないので参考程度に考えるべきなのですが、それよりも目を向けて欲

しいのは、「運転の仕方によって燃費は変わるのだ」という事実ではないでしょうか。

・4wdのオーナーは安定した走りが出来る地域にお住まいの方が多いのか、燃費を意識している方が多いのか、実燃費の

情報上では2wd車とさほど差がない傾向が伺えます。

仮に4wdを検討中のあなたもいずれかであるなら、同車種の2wdの実燃費情報よりも高い燃費を記録することも可能です

し、「思ったより悪くない」と言う感覚で燃費に対する不安も拭うことが出来るかもしれません

・実燃費の数値に頼らずとも、これだけでも燃費が多少悪くなることは確かなのが分かると思います。

そしてそのシステムが活躍する場面ではエンジンにかかる抵抗が大きくなるので燃費に影響するのもまた当然と言えるでしょう。

スタンバイ式4wd

・ミニバンに搭載されている多くの4wdシステムは「スタンバイ式4wd」になります。

各社細かい違いは当然あると思いますが、主に前輪が空転したことを察知して適切な駆動力を後輪に自動的に割り当てるというシステムです。

・多くの方がイメージしている4輪駆動とは異なり、基本的には2wdで走るため低燃費も実現したシステムといえます。

・ウィッシュ・シエンタを含みヴォクシーなどのトヨタ車、日産のセレナ、ホンダのフリードやマツダのミニバンはこのタイプです。

切り替え式4wd

・「2wd・AUTO・4wdLOCK」と切り替えが可能なタイプもあります。

・2wdはそのままですが、AUTOが主にスタンバイ式に近い形となります。

そして砂地や降り積もった雪道でも高い走行性能を発揮できる4wdLOCKと3段階設定です。

ミニバンでは日産のエルグランドと三菱のデリカD5がこの形になります。

・デリカD5の本格的な4輪駆動による安定走行を高く評価する方も多くいます。

今後の4wdシステム

4wdシステムはどんどん発展します。運転状況・路面状況・走行状況など多角的

にシステムが判断して最適な駆動力を配分するという形に進化しているのです。

つまり「滑ってから対処」ではなく「滑る前に制御」ということが可能になり、

より低燃費で安全・安定性にも優れたシステムと言えるでしょう。

各社が独自に開発しているシステムなので一括りにするの難がありますが、ホンダのステップワゴンやオデッセイが新し

い4wdシステムを搭載していて、三菱のデリカD5もこちらに近いです。

そしてマツダは近年発売されているモデルではすでに多く実装されているものの、ミニバンにはまだ搭載されていません。

燃費から見ていきます(数値はいずれもJC08モード)。

ヴォクシー・14.6~16km/L

デリカD5 10.6~13.0 km/L

デリカD5はデビューから年月が経過したこともありあまりほめられたものではないですが、4WDでクリーンディーゼル仕様があるのは大きいです。

軽油だと多少燃費が落ちても支払いは同じぐらいになるので、ここは引き分けで

【ヴォクシー×デリカD5 比較】まとめ

デリカD5、さすがに設計に古さも見られるのですが、口コミにもあったように

特装車のようなエクステリアデザインも含め依然として魅力的です。

むしろ、回りのミニバンがどんどん洗練されて来ることで、むしろその無骨なデザインのかっこよさが際立っているとも感じます。

渋いオリーブグリーンに全塗装したモデルがあれば欲しくなってしまうかも。

それに比べると、ヴォクシーは洗練されて快適なイマドキのミニバンですが、独自の魅力という点では負けてますね。

ということで、今回はミニバンSUVという唯一にして無二の存在のデリカD5に軍配を上げます! 

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする