【三菱・デリカD5】2WDがいいか4WDがいいか?。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


2WDと4WDの設定があるデリカD:5。しかもデリカの4WDは、一般的なミニバンの4WDとはシステムからしてまったく違う、かなり本格的な4WDモデルです。2WDと4WD、どちらを買うのが良いのでしょうか?

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】2WD

<D5の口こみ その1:2WD(2000cc)>

こんばんは。はじめまして。
D5の2WD(2000cc)に乗っています。

走り出しの加速や上り坂でのパワー不足は最初は感じましたが、
高速での追い越しなどはスムーズで苦になりません。

またD5に乗ると不思議と走りがゆったりとなりまわりに抜かれても
あまり気にならなくなり運転がやさしくなりました。

通常運転では多少のパワー不足は逆に急激な加速感による同乗者の不快感がなく本当に気持ちよく乗れる車だと家族からも好評です。

長距離を走っても運転者も家族も疲れにくい車です。

新型のセレナは試乗していないのでわかりませんが加速感ではD5が一番鈍いのは確かです。

2000ccも2400ccも体感的には大きく差は感じませんでした。

一番軽快に走るのはステップワゴンでしたが、ステップワゴンやセレナなどの他の2000ccのミニバンに比べ個性的なデ

ザイン、内装の高級感や安全装備、走行安定性、何より乗り心地の良さで嫁と意見が一致し迷わずD5になりました。

3ナンバーの室内幅も広くてよいです。
また本気で加速したいときはパドルシフトでシフトダウン
すれば一気に加速するので、最近はパワー不足も感じません。

総合的に本当に良い車を選んだと大満足しています。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】4WD

<D5の口こみ その2 :4WDローゼスト2400cc>

突然のコメント申し訳ないです。皆さんの指摘通りD5は車輌総重量は確かに重いです。
去年D5Gパワーパッケージ4WDローゼスト2400ccを購入しましたが
ECOランプを継続点灯させ2000回

転を維持すれば燃費も待ち乗りで8~9㌔高速移動ならば2000回転以下での連続走行で10~11㌔で走れます。

パワーですが全然あります。私的にはエンジンとCVTのマッチングが良くストレス無く吹き上がりを実感出来てます。

まだ高速での爆走チェック(限界走行)
をしておりませんが、おそら満足行く結果になると思います。

どうしても三菱車は敬遠されますが、D5はそんな三菱のイメージを変えた傑作だと信じております。

車ですから当然、欠点やら不便の点等は
多々ある物です。

その部分をいかに納得し、いかにいかに克服するかによって価値観も変わります。

確かにセレナのシートアレンジは素晴らしいですが、やっばり安っぽく感じました。トヨタ系はボデーデザインが・・・ホンダも同じく。

ただ私が思うに2000ccクラスとD5は比較対象になりません。何故なら、
室内の広さが全く違います。

対象にするなら、アルファード、エルグランドクラスだと思います。

もしも購入するであれば、価格面があるとは思いますが2400ccをお勧めします。長文申し訳ありません

<D5の口こみ その3 :4駆のローデスト>

こんばんは!自分はデリカD5、4駆のローデスト、パワーパッケージに乗っています。

自分も、あまりアウトドアはせず(BBQ程度)、2人の子供と、年数回スキーに行く程度です。

購入前に、ノア、ステップワゴンスパーダ、C26セレナを試乗、購入対象として検討しました。

自分の感じた印象を書いておくと、ノア:後席のガラスが半分程度しか開かず、設計が古い為、室内が狭い印象(C25セレナより狭いかも・・)

C26セレナ:新型車の為、欲しい機能がオプションで、結局割高。 ステップ:3列目のシートが、薄く使い勝手が悪そう。

デリカ:価格のわりに、機能が充実、アイポイントが高い、シートがゆったり目、ピラーが太く、三角窓の視界が多少せまい。

等です。 C2では、2Lエンジンの為、少々力不足を感じるかもしれません。(車両設計が2.4Lで考えられている為、車重に対しやや小さい!?)

ただ、室内の広さは、やはり3ナンバーだと思いました。特に室内高はデリカが優勢だと思ってます。

参考になるかわかりませんが、私的意見です。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】街乗り 冬 スキー など

・2WDと4WDでは、設定されるエンジンが違う?

2WDと4WDでは設定されるエンジンも異なってきます。人気の2.2Lクリーンディーゼル車は4WDのみの設定。

ガソリンエンジンの排気量は、4WDが2.4L、2WDが2.0Lとなっています。

それぞれの詳細は、以下の通りです。

●4WD クリーンディーゼル車

低回転から力強く高回転までスムーズに加速する頼もしいエンジンです。

アルミシリンダーブロック、アルミロアケースを採用し、大幅に軽量化されています。

最先端の排出ガス浄化システムなどにより、大気汚染の原因となるNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)を大幅に低減しています。

(2.2L コモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジン)
(最高出力:148ps(109kW)/3,500rpm)
(最大トルク:360Nm(36.7kgm)/1,500-2,750rpm)
(JC08燃費:13.0km/L)

●4WD ガソリン車

吸排気ともにMIVEC(連続可変バルブタイミング)を採用し、優れた動力性能と低燃費、
クリーン性能を高次元で両立。さらにアルミダイキャスト製シリンダーブロック、樹脂製シリンダーヘッドカバーの採

用や、後方排気レイアウトなどによって軽量化を図り、優れた運動性能を実現しています。

(2.4L MIVEC DOHC 16VALVE ガソリンエンジン)
(最高出力:170ps(125kW)/6,000rpm )
(最大トルク:226Nm(23].0kgm)/4,100rpm)
(JC08燃費:10.6km/L

●2WDガソリン車
新MIVECは、吸入空気量をスロットルバルブだけではなく、吸気バルブの
リフト変化によって調整するシステムです。従来のDOHCエンジンと同等の性能を実現。

アイドリングストップ機構のAS&Gと組み合わせることで、低燃費を達成しています。

(2.0L MIVEC SOHC 16VALVE ガソリンエンジン)
(最高出力:150ps(110kW)/6,000rpm)
(最大トルク:191Nm(19.4kgm)/4,200rpm)
(JC08燃費:13.0km/L)

・2WDと4WDは使用状況で選ぶのがベストかな?

デリカD5の4WDモデルは他のミニバンにはない、かなり本格的な悪路走破性を有していますので、路面凍結や降雪が

当たり前の地域で使うなら迷わず4WDですね。

反対に、居住性を含めた普段の使い勝手では2WDでしょう。特に4WDでは、フロアの高さが40mm高くなりますので、

小柄なドライバーには2WDがベターかもしれません。

車両重量も約100kg違うので操舵感覚もかなり違ってきます。見た目も含めて、
軽快さを重視するなら2WDですね。

4WDモデルならキャンプやスキーに心強いパートナーになってくれそうです。悪路走破性も十分に発揮できるミニバンは、三菱デリカD5だけ。

 <雪道での口コミ1>

私もデリカD5オーナーとして、毎日D5に乗っており、先日来の愛知県での降雪時には通勤時には4WDに入れて走行をしました。

先日12日の月曜日、振り替え休日で月曜日に家族全員の休みが一致したので、

キャンピングトレーラーを牽いてスキーに出掛けました。

通常の道路でも2WDから4WDに入れて走ると、タイヤが路面をしっかりと掴んで走っている感じがしてとても安心できます。

前方で何かがあるとすぐに分かりましたが、狭い道路、しかも除雪機で3度除雪機で中途半端に圧雪をされて、とても滑

りやすい坂道になっている状況で急に停車させられて焦りました。

4WDLOCKモードは電気的に前後をデフロックしたような状態になり、後輪に大きく駆動力が配分され、初期のアクセル

レスポンスが増すとともに、より前に進むようになります。

4WDLOCKに入れてじんわりとアクセルを踏むと、雪面をがっちり掴んだスタッドレスタイヤが、徐々に坂道を登っていき、進んで行きました。

まとめ

遊ぶためだけでなく、いざという時に心強く頼りになるクルマはそれほど多くはありません。

この冬の豪雪のように、また、いつ、どこで起きるかも分かりません。そんな時こそ、一家に一台デリカD5ではありませんが、頼りになるのはやはりこの車デリカD5のようです。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする