【三菱・デリカD5】ノアとの比較はどっち?価格・大きさ・燃費

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】VS【ノア】 価格

ノア       225万円~293万円
デリカ D5     241万円~430万円

デリカのクリーンディーゼルターボ車は 350万円以上と結構なお値段ですね。

しかし唯一のディーゼルミニバンというステータスとその逞しさに惚れ込んでしまうと、高価だとは思わない方も少なくないと思います。

さらに、デリカD5のクリーンディーゼル車は、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金対象車、ノアはガソリン、ハイブリッド共に自動車グリーン税制の対象車となっています。


ノア価格:2,242,285円~3,054,857円。
デリカD5価格:2,408,400円~4,055,400円。

最低グレードはどちらも200万円代前半からですが、デリカD:5にはクリーンディーゼルエンジンもあるので、価格の幅が広くなっています。

ノア中古価格平均:約245万円
デリカD5中古価格平均:約211万円
ノアは2014年にモデルチェンジが行われたばかりなので、中古価格もまだ高めです。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】VS【ノア】 大きさ

【ノア・デリカD5比較】口コミ

ノアのエクステリアについては、上品なフェイスと、人と荷物を大量に積み込めそうなボディに惹かれる方が多いのではないでしょうか。

デリカは鉄格子のようなフロントグリルが如何にも頑丈そうで頼もしいですね。

その堅牢そうな顔やお尻、タイヤとフェンダーとの広い空間も好きな人にはたまらない魅力ではないでしょうか。

インテリアについては、ノアは樹脂多用で安っぽいという声が大半の中、デザインは上質で悪くないという声もありました。

デリカは若干古臭さを感じさせるデザインですが、車のキャラクターと一致していて気にならないという声が多数でした。

走行性能については、ノアは街乗りや高速道路でも不足を感じることは少ない

が、運転していて楽しくはないという意見が多かったですね。

対するデリカは、CVTのガソリン車で任意に変速できないグレードでは狙い通りの加速を得られない場合がある、と不満を述べる方もいました。

しかしディーゼル車に目を向けると、低回転域から発生する巨大なトルク(360 N・m /1500rpm~2750rpm)の力強さとエンジン音を楽しんでいる方が多かったのが印象的でした。

そしてノアの乗り心地は、揺れが収まらないので車酔いした、高速道路の横風は神経を使う、等の声が見られました。

デリカのリアサスは、ノアのトーションビームに対してマルチリンクになっており、揺れが1回で収束する、しなやかでSUV並みの足回りと好評でした。

また、車体剛性も高めでミニバンとは思えない程、横風に対しても安定感があるそうです。

デリカD5は、三菱自動車が2007年から販売しているミニバンです。

「オールラウンダーミニバン」をコンセプトに、優れたサスペンションや高いボディ剛性、電子制御4WDを組み合わせることで、悪路でも安定した走行が可能です。

特筆すべきはその頑丈さで、航空機の設計が元となっている「リブボーンフレーム」を採用したボディは、2007年度自動車アセスメント衝突安全性能試験総合評価において、最高ランクの6スター(★★★★★★)を獲得しています。
また、走行中でもパワフルな4WD走行から、燃費の良い2WD走行へ簡単に切

り替えることができるので、ちょっとした買い物からレジャーまで万能に活躍できるミニバンとなっています。

<エコカー減税率:ノア>
ノアガソリン車:取得税40%、重量税25%
ノアハイブリッド車:免税

<エコカー減税率:デリカD5>
デリカD5 ガソリン車:取得税40%、重量税25%
デリカD5ディーゼル車:免税

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】VS【ノア】 燃費

ノアは 2.0L (152ps) の NA (自然吸気)エンジンで車両重量が1560kg~1650kg。

デリカ D5 は 2.0L (150ps) と 2.4L (170ps)の NA (自然吸気)ガソリンエンジン、2.3L (148ps) のディーゼルターボエンジンで、車両重量が1680~1910kg。

デリカ は ノア と同じ 2.0L ガソリンエンジン (車重 1680kg~1690kg)でも 燃費は 13.0kmと下回っています。

ノアは、トヨタ自動車が販売するミニバンです。

2014年から販売されている現行型は3代目に当たり、姉妹車にはヴォクシー、エスクァイアがあります。

室内空間は広く乗降性にも優れ、シートアレンジの自由度も高いので、普段使いからアウトドアレジャーまで、どんな使い方にも柔軟に対応することができます。

燃費もノーマルエンジン車で16.0km/L、ハイブリッドエンジン車で23.8km/Lの低燃費仕様となっており、ノーマル・ハイブリッド共に「平成27年度燃費基準+20%」を達成しています。

【ノア・デリカD5比較】まとめ

見た目は角張っていてちょっとごつい感じのD5ですが、他社のミニバンを「かっこいい」というなら、デリカD5の場合は「力強い」といったところでしょうか。

インテリアも豪華さはあまり感じられず、実用性のある道具ようなイメージが強く感じられます。

特徴として、ミニバンの中ではトップクラスの4WD性能を誇ります。

他社の4WDミニバンも優秀ですが、他社のSUVに対してデリカD5はオフロードでの性能の高さが際立っています。

高い地上高に加えて各種クリアランスが大きくとられていることからも、三菱自動車がオフロード性能を重視していることがわかります。

他社のミニバンとは異なり「おしゃれ」なエクステリアが多い中、少数派ともいえる角張ったデザインが「力強い」と好評です。

アウトドアを趣味とする人が多く、広い室内と4WDによる悪路走行性能とに魅力を感じて購入する人が多いようです。

重い車のために燃費は良いとはいえないものの、走行性能の高さや乗り心地の良さが好評です。

小物収納が少なかったりインテリアが少々古くさかったりと、細かい不満点はあるようですが、総合的に満足度が高い車となっています。

デリカとノア、ウ゛ォクシーでまよってます。色々考えてますが決めかねています。両者のいいとこ悪いとこ教えて下さい。参考にしたいと思います。

口コミ:QUESTION:デリカとノア、ウ゛ォクシーでまよってます。両者のいいとこ悪いとこ教えて下さい。

ANSWER: 街乗りならVOXYでいいと思います。
デリカより燃費いいでしょうし維持費も安そうなので。
しかしそれ以外の点は、ほとんどデリカの勝ちじゃないでしょうか。
広さ、乗り心地、ボディ剛性、安全性デリカの勝ちです。

試乗して考えることをおすすめします。
まず私なら4WDにするなら絶対デリカD5以外のミニバンは、考えません。

システムの性能が桁外れだしパワーもこっちの方がある。

車に愛着を持たず、休日に家族でのんびり出かけたい方にはノアを。

悪路を突き進んでキャンプ等を楽しみたい方には、無骨なボディデザインにミニバンとは一線を画す走破性を持つ、デリカ D5 をオススメします。

車に愛着を持たず、休日に家族でのんびり出かけたい方にはノアを。
悪路を突き進んでキャンプ等を楽しみたい方には、無骨なボディデザインにミニ

バンとは一線を画す走破性を持つ、デリカ D5 をオススメします。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする