【三菱・デリカD5】ディーゼル・ ガソリンどっちがいい?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】ディーゼル

ディーゼル車とガソリン車の外装には、ほとんど違いがありません。違いがあると言えば、ディーゼル車にはリヤバックドアに「DI-D」のエンブレムが付いているくらいです。(黄色い円マークの所)

装備やデザインはほとんど同じなので、見分けはつきにくいでしょう。

ディーゼル車とガソリン車では一部違いがあります。

シフトパターン

ディーゼル車には、6速A/Tが搭載されています。
ディーゼル車専用のLレンジは、悪路走行時や登坂時に4輪で路面をグリップするのに有効です。
Lレンジは、エンジンが低回転でも太いトルクを発生するディーゼルエンジンの特性に合ったシフトパターンです。

ディーゼル車専用

ガソリン車専用
ガソリン車には、スムーズな加速走行性が得られるCVTが搭載されています。
Dsレンジは、エンジンブレーキや力強く加速したい場合にシフトします。

ガソリン車専用

デリカD5ディーゼル車のメリットは?

・標準でビルトインETCが装備されるので、追加購入する手間や出費が抑えられる
・低速でもトルクが大きいので、雪道や悪路でもゆっくりと確実に進める
・軽油の単価が安いので支払い額が少なく済む
・ガソリン車よりも燃費が良い

デリカD5ディーゼル車のデメリットは?
・ガソリン車より振動や音が大きい
・ガソリン車よりアクセルのレスポンスが良くない
・ガソリン車に比べると、およそ35万円価格が高い
・高速度域から加速しても伸びがあまりよくない

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】ガソリン

デリカD5ガソリン車のメリットは?

・Mを以外のグレードに、ビルトインETCが標準装備される
・2.4リットルエンジンはトルクが大きいので、加速が良い
・2WD車にはアイドリングストップが装着され、エコ運転が可能
・2.0リットルエンジンではリーズナブルな2WDも設定されている
・高回転数まで自然にエンジンが吹き上がり、加速フィーリングが良い
・ディーゼル車よりも、約35万円価格が安い

デリカD5ガソリン車のデメリットは?

・2.4リットルエンジンのグレードでは、2WD車が設定されていない
・2.0リットルエンジンでは力不足でレスポンスも鈍く、加速力がない
・ディーゼルの軽油よりも単価が高いガソリンなので燃料代が掛かる
・ディーゼル車より燃費が劣る

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】燃費 など

<ディーゼル車とガソリン車の価格差と実燃費は?>

デリカD:5 2.2D-パワーパッケージ(ディーゼル車・4WD・7人乗り)

車両価格3,534,840円
平均実燃費10.9km/L

デリカD:5 2.4G-パワーパッケージ(ガソリン車・4WD・7人乗り)

車両価格3,177,360円
平均実燃費9.1km/L

ディーゼル車とガソリン車との価格差は357,480円となっています。

ここで平均実燃費とは、市街地、バイパスなどの幹線道路、高速道路を走行した場合の平均の実燃費数値です。

価格差357,480円を埋めるには、どの位掛かるでしょうか?

ディーゼル車とガソリン車の燃料代を、平均実燃費から試算してみましょう。

1年間に10,000キロ走行するとします。

1リットル当たりの単価を軽油は110円、レギュラーガソリンは140円とします。

・ディーゼル車 D-パワーパッケージ 4WD  実燃費1リットル当たり0.9km 10,000km走行した時の燃費代

は10,000km÷10.9km=917.4リットル、917.4リットル×110円=100,914円

・ガソリン車 G-パワーパッケージ 4WD  実燃費1リットル当たり9.1km 10,000km走行した時の燃費代

は10,000km÷9.1km=1,098.9リットル、1,098.9リットル×140円=153,846円

1年間で10,000km走行した場合、ディーゼル車の方が41,943円安くなる計算です。

年間10,000km走行した場合で元が取れる年数は約8.5年、年間20,000キロでは約4年、年間30,000キロなら約3年となります。

一般的な走行距離は、週末に買い物やドライブで使うとすると年間10,000キロと言われることが多く、ディーゼル車の燃費の良さでガソリン車との価格差を埋めようとする場合は、かなりの走行距離と期間を要することが分かります。

ディーゼル車のエコカー減税は、自動車取得税・自動車重量税ともに免税です。
また、クリーンディーゼル補助金も適用されます。

購入時に適用されるエコカー減税には、ディーゼル車とガソリン車で減税される金額に差があります。

ガソリン車はエコカー減税の対象外なので減税の分、丸々購入費に差が出ます。

年間1万キロ平均の走行距離なら、5.7年で元が取れる計算になります。大分短縮されますね。
選択するオプションによっては、さらに価格差が変わってきます。

グレードや選択するオプション、クリーンディーゼル補助金、諸費用も含めた総支払額の差で試算すると、もう少し正確に差が分かってくるでしょう。

デリカD5ディーゼル車のメリットは?

・標準でビルトインETCが装備されるので、追加購入する手間や出費が抑えられる
・低速でもトルクが大きいので、雪道や悪路でもゆっくりと確実に進める
・軽油の単価が安いので支払い額が少なく済む
・ガソリン車よりも燃費が良い

デリカD5ディーゼル車のデメリットは?
・ガソリン車より振動や音が大きい
・ガソリン車よりアクセルのレスポンスが良くない
・ガソリン車に比べると、およそ35万円価格が高い
・高速度域から加速しても伸びがあまりよくない

【三菱・デリカD5】ガソリン

デリカD5ガソリン車のメリットは?

・Mを以外のグレードに、ビルトインETCが標準装備される
・2.4リットルエンジンはトルクが大きいので、加速が良い
・2WD車にはアイドリングストップが装着され、エコ運転が可能
・2.0リットルエンジンではリーズナブルな2WDも設定されている
・高回転数まで自然にエンジンが吹き上がり、加速フィーリングが良い
・ディーゼル車よりも、約35万円価格が安い

デリカD5ガソリン車のデメリットは?

・2.4リットルエンジンのグレードでは、2WD車が設定されていない
・2.0リットルエンジンでは力不足でレスポンスも鈍く、加速力がない
・ディーゼルの軽油よりも単価が高いガソリンなので燃料代が掛かる
・ディーゼル車より燃費が劣る

買うならデリカD5ディーゼル車とガソリン車どっちに軍配があがる?

購入価格が高くても、4WD 性能を活用したい場合や燃料費を少なく
したい場合、また6年以上乗り続ける場合は、ディーゼル車が最適です。

ディーゼルエンジンは1,500rpmの低速から最大トルクを発生するので、
余裕のある加速性を発揮します。

また、購入後は燃料費が安く済むのも魅力の一つです。

燃料費は、1年間で10,000km走行した場合、低燃費&軽油を
生かして、ガソリン4WDよりも41,943円安くなる計算です。

平均実燃費の差が1.8km/Lと僅差ですが、燃料代の差が41,943円も
あるのは、軽油の単価がガソリンよりも安い恩恵によるものです。

ディーゼル車とガソリン車との価格差は357,480円ですが、エコカー
減税と年間の燃料代込みで計算すると、5年後のディーゼル車と
ガソリン車との価格差はディーゼル車の方が高いですが、
その差29,465円まで縮まります。

つまり、6年目以降はディーゼル車の方が安くなります。
長期間デリカD5に乗る方にとっては、コスト面でも魅力と
なるのではないでしょうか。

実際に車を運転すると、印象が変わってくる場合があります。
迷っているならまずはディーラーでデリカD5のディーゼル車
とガソリン車の両方に試乗して比較してみることでしょう。

特に加速性、高回転でのエンジンの伸び具合、エンジン音や
振動などをは実際に体感して、メリットやデメリットをじっくりと

比較検討するのが一番です。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする