【三菱・デリカD5】 7人乗り・ 8人乗り 7人乗りの隙間はどう? 8人乗りシートアレンジは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」

これが最初のステップです。

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

Sponsored Link

      【三菱・デリカD5】7人乗り・ 8人乗り 7人乗りの隙間はどう?

三菱デリカD5は2列目シートが下の写真(シートアレンジ)のとおり7人乗りの場合は2シート、8人乗りの場合は真ん中に補助シートが立ち3シートになります。

写真左手は7人乗りでアームレストが使えるキャプテンシート、8人乗りはベンチシートになります。

7人乗りでは、2列目シートの2シートが独立していて、間の隙間を活かして3列目シートへ行き来できるウォークスルーが魅力的です。

8人乗りでは、2列目シートが広々としたベンチシートになっていて、シート倒して車中泊の用途に使うことができます。

<シートアレンジ>

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/utility/uti_02.html

<シートアレンジパターン>

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/utility/uti_02.html

7人乗りのシートアレンジパターンについて、シートアレンジパターンの写真6の場合は3列目シートを片方跳ね上げても両方跳ね上げても、2列目シートの真ん中に隙間ができるので、長いものを入れる場合には良さげですが、変に真ん中に隙間ができていることで気を遣う場合があると思います。

7人乗りのメリットとしては、2列目シートがキャプテンシートになっているのが特徴です。

左右の席が独立していて、リクライニングのほかアームレストがシートの両方にあり、そして前席と後席とのアクセスに便利なウォークスルー機能まで備わっています。

さらに、シートアレンジパターンの写真2のように、キャプテンシートでは珍しくシートを前方へスライドし座面を上げることで、後方のスペースが格段に広げられるチップアップ機構まで備わっています。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】8人乗りシートアレンジは?

8人乗りのシートアレンジパターンについて、シートアレンジパターンの写真1~5までの主なパターンがあり、積荷を重視した場合と車中泊などの用途を重視した場合で色々アレンジできます。

<積荷編>

1の場合、3列目シートを跳ね上げるか取り外し(取付器具の加工が必要)により5人まで乗車できラゲッジスペースが広々とし荷物をたくさん積むことができます。

そして、さらに荷物のスペースを広げたい場合、2のように2列目シートを前方へスライドし座面を上げることで、奥行きを410mm広げられます。

この場合、2列目シートは折りたたまれるため、2人乗りになります。

今度は、5のように2列目シート、3列目シートの片方を使って4~5人乗れる状態にしながら長いものを積んで移動することができます。

<車中泊編>

リクライニング機能やシートの前後移動が柔軟にできる所を活かして3、4のようなアレンジができます。

3は2列目シートのヘッドレストを外して、3列目シートの座面と繋ぎ3列目シートを倒した状態です。

大人2人、小さな子供1人寝られるくらいのスペースがあります。

サイズ感ですが、下の寸法図のとおり2列目シートの横幅は1300mm、3列目シートの横幅は1170mmとなっており、大人が真ん中の席に座って両手を広げたら両端に手のひらが届く広さになります。

縦の長さはおよそ2000mmあり、大人が足を伸ばして寝られます。

また、真ん中のシートにはアームレストがあります。

<寸法図>

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/spec/pdf/delica_d5_spec.pdf

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】シートアレンジまとめ

デリカD5 7人乗り、8人乗りのシートアレンジについてまとめると、下記のとおりです。

<7人乗り>

特徴・メリット

・2列目シートにキャプテンシートが設定されて、1シートずつアームレストが設けられている。

・左右の席が独立していて、真ん中に隙間があるため2列目シートと3列目シートとのアクセスが便利。

・荷物を収納する際、2列目シートを前の位置に設定し3列目シートを跳ね上げるか取り外す(取付器具の加工が必要)ことにより長さ1200mm、横幅1170mmほどのスペースを作ることができるため、たくさんの荷物が収納できる。

・さらに荷物を収納したい場合は、2列目シートを前方へスライドし座面を上げることで、さらに奥行きを410mm(全長1610mm)広げられ、小型の自転車が乗せられるほどの広さになる。

デメリット

・最安値のMクラスでは8人乗りしか購入できないため、7人乗りが購入できる最安値はGクラスになる(下の諸元情報のとおり)ため、8人乗りよりも最安値グレードが割高になる。

<8人乗り>

特徴・メリット

・3列目シートを跳ね上げるか取り外し(取付器具の加工が必要)により5人まで乗車できラゲッジスペースが広々とし荷物をたくさん積むことができる。

・さらに荷物を収納したい場合は、2列目シートを前方へスライドし座面を上げることで、さらに奥行きを410mm(全長1610mm)広げられ、小型の自転車が乗せられるほどの広さになる。

・2列目シート、3列目シートの片方を使って4~5人乗れる状態にしながら長いものを積んで移動することができる。

・車中泊の際、2列目シートのヘッドレストを外してリクライニングを倒し、3列目シートの座面と繋ぎ3列目シートを倒した状態にすることで、大人2人、小さな子供1人寝られるくらいのスペースをつくることができる。

・サイズ感は、2列目シートの横幅は1300mm、3列目シートの横幅は1170mmあり、大人が真ん中の席に座って両手を広げたら両端に手のひらが届く広さになる。

縦の長さはおよそ2000mmあり、大人が足を伸ばして寝られる。

・購入の際、最安値のMクラスから購入できるため経済的。

<諸元情報(抜粋)>

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/spec/pdf/delica_d5_spec.pdf

デリカD5 7人乗り、8人乗りのおすすめする用途としまして、下記のとおりまとめてみました。

<7人乗り>

1.チャイルドシートが必要な小さい子供が2~3人いる場合

介護が必要な高齢者が2人いる場合

2列目シート、3列目シートにチャイルドシートを設置する必要があるため(高齢者の場合は介護人が対応しやすくするため、2列目シート、3列目シートに高齢者が座ることが想定されるため)、2列目シート、3列目シートのアクセスがしやすい7人乗りが効果的。

2.車中泊の用途がなく、最大7人まで乗車の可能性がある場合

<8人乗り>

1.車中泊する可能性がある場合

8人乗りの方がシートアレンジが柔軟にできおすすめです。

2.最大8人まで乗車の可能性がある場合

3.横がゆったりできるベンチシートがお好みの場合

4.最大5人で乗車しながらたくさんの荷物を積みたい場合

例えば家族旅行の際、大型連休などに3~4泊ほどの旅行を計画する場合は8人乗りの方がシートアレンジが柔軟にでき融通が利きます。

7人乗り、8人乗りについて比較しながら色々書きましたが、購入比率でいうと圧倒的に8人乗りが多く購入されています。

将来車を買い換える際に売却することを考えている方はその点もよく確認しておいたほうが良さそうです。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする