【三菱・デリカD5】タイヤサイズは?タイヤ交換のやり方は?。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】タイヤサイズ

まだまだ人気のある車種で2019年にはフルモデルチェンジされデリカD6が誕生するともいわれています。

デリカD5のタイヤサイズはガソリン車の一部グレードに「215/70R16」が設

定されていて、4WDモデルやクリーンディーゼル車には「225/55R18」のタイヤが装備されています。

オンロード向けタイヤのほかにも、オフロード向けタイヤがあるなどデリカD5は選択肢の幅があります。
デリカD5の18インチ・16インチに適合する国産・輸入タイヤを紹介します!

<グッドイヤー>

グッドイヤーが販売するエフィシェントグリップSUV HP01は、クロスオーバーSUV向けのSUVタイヤで燃費性能や乗り

心地を追求したタイヤです。発熱を抑えるラバーを採用して燃費性能を高めてい

て、パターンやデザインを見直したことで静粛性や燃費アップにも貢献します。

グッドイヤーのSUV向けオンロードタイヤであるラングラーHPと比べると、転がり抵抗は15パーセント低減し残溝

1.6mmまでの走行距離は42パーセント伸びてライフ性能もアップします。

パターンノイズやロードノイズも低減されていて、静かに運転できますね。

<ダンロップ>

ダンロップのエナセーブRV504は、ミニバンの特徴でもあるふらつきを抑えたパターン、車重から来る偏摩耗への耐性

をつけたタイヤで、減りやすいアウト側の剛性を高めているので負荷がかかりやすい外側の片減りも強い設計です。

ミニバンに向けて作られたタイヤですので悪路走破性は全くありませんが、低燃費タイヤのラベリングを取得していて転

がり抵抗は「AA」、ウェットグリップ性能は「b」を獲得しています。

<ヨコハマタイヤ>

ヨコハマタイヤのジオランダーは1996年に誕生してから20年以上経つタイヤブランドで、日本の道だけではなく海外

の砂漠や岩肌のある道などを駆け巡ってきました。サブネームによってタイプが分かれていて、「SUV」はクロスオーバ

ー向けのオンロードタイヤ、舗装路だけではなく悪路も行けるオールテレーンタイヤです。

両方のタイヤとも耐摩耗性や耐久性が高くロングライフな性能を持っているので、1組のタイヤで何年も保つ性能を持っています。

<ブリヂストン>

ブリヂストンのオンロード向けSUVタイヤであるデューラーH/Lは、背の高い

SUV用に開発されたタイヤで舗装された道だけを走るクロスオーバーSUVなどに採用されることが多い夏タイヤ。

標準装備のマッドスノータイヤに比べて燃費性能がアップし静粛性が増します。

偏摩耗に強いブロック配置になっていて、再び新品タイヤを購入するまでのサイクルが長い傾向にあります。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】サイズアップ

引用:http://www.craft-web.co.jp/blog/suzuka/2017/04/d5b… 

※オールテレーンT/A KO2:説明

三菱デリカD5におすすめ!BFグッドリッチのオールテレーンT/A KO2というタイヤを装着しました。

[225/70R16]のタイヤでwすデリカD5の標準サイズは215/70R16ですので少々サイズアップすることになります。

タイヤの外径が大きくなるため、ちょっとしたドレスアップにもなります。

また、そのままの車高で装着しても、ハンドル操作時も含め車体への接触が無いというところも人気の要因かもしれません。

オールテレーン T/A KO2タイヤは主に4WD車向けに造られているタイヤのようです。

お店でも人気は根強く最近非常に多くの問い合わせが多いとの事でした。お長い歴史を持つタイヤで、泥ねい地でもグリ

ップして走破できるクロスカントリー4×4用高性能タイヤパターンは見ての通り荒々しく、ラジアルのタイヤです。

デリカD5は車高が高く重心位置も高めのため、コーナーリング時にふらつきを感じやすい車ですが、

このタイヤのようにショルダー部の剛性が高いタイヤはそんなデリカD5にも走行安定性をもたらしてくれるようです。

実際にお車に乗っていただくと意外にもオンロードではキビキビしたハンドリング性能と快適性を感じていただける事と思います。

トレッドパターンのわりにはそこまで走行音が気にならないというのも良い点ですね。

また、オフロードにおけるトラクション性能と接地面安定によりロングライフに満足できるのではないでしょうか。

※説明:オールテレーンT/A KO2

 マッドテレーンに比べオールテレーンは、比較的大人しいデザインのタイヤが多くあります。確かに、オフロードだけではなくオンロードまでも快適に…といったオールマイティな性能を考えると、泥を掻くようなアグレッシブなデザインではなく、乗用車的なデザインとなってしまいます。

 しかし、この新しいオールテレーンT/A KO2は、まるでマッドテレーンタイヤのようなサイドウォールのデザインとなっています。
これは「アドバンスド・デフレクション・デザイン」と言われるもので、ショルダーブロックが裂けたり割れたりといった耐外傷性能のアップを図っています。)

初代のラジアルオールテレーンT/Aは、1976年、クロスカントリー4WD用高性能ラジアルタイヤとして、世界で初めて登場したタイヤです。
1980年には、マッドタイヤのラジアルマッドテレーンT/Aが登場。ちなみにこのタイヤも、マッドタイヤとしては初めてとなるオフロード用4駆ラジアルタイヤでした。
1993年には、ラジアルオールテレーンT/A、ラジアルマッドテレーンT/Aに、初となるロッククライミング用タイヤのモアブ・エディションを発売。この頃からすでに、ロック走行を意識した製品も登場しています。
2000年には、2世代目となるオールテレーンT/A KOを発売。
2002年には、マッドテレーンT/A KMを発売。そして2008年には、マッドテレーンT/A KM2を発売しました。
2014年夏、北米でオールテレーンT/A KO2を発表。翌2015年7月1日、日本でも発売となりました。
つまり、BFグッドリッチのオールテレーンタイヤは、初代が登場してなんと39年以上、そして先代からも15年振りにモデルチェンジを果たした歴史あるタイヤなのです。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】タイヤ交換 交換方法

<デリカD5のタイヤ交換>

デリカD5のタイヤ交換

デリカD5のタイヤを交換します。まあどの車でも同じようなものなのですが、

今回は、夏タイヤから夏タイヤへの交換となります。

デリカD5のタイヤ交換に必要な工具は、油圧ジャッキ(2tタイプ)、トルクレンチ、クロスレンチ、車載レンチです。

ただ、車載レンチは使わなくてもタイヤ交換は可能です。

デリカD5のタイヤ交換は、今回用意した油圧ジャッキでジャッキアップをしてから行います。

ジャッキアップをする前に、ボルトを緩めましょう。

そして、ジャッキアップをしてからボルトを抜き取ります。

ジャッキアップをしてからじゃないとボルトが取れません。

ボルトを緩めたらタイヤを取り外します。

ジャッキによっては、ストロークがギリギリになることもあるかと思います。

その場合、力を入れて根性でタイヤを取り外さないといけません。

タイヤはかなり重いので、気を付けてとりはずしましょう。

あらかじめ、長さに余裕のあるジャッキを用意しておくほうがよいでしょう。

ここで用意しておいた新しいタイヤをデリカD5に取り付けるますが、タイヤを

新しく用意する場合、同じサイズのものを選んでもいいのですが、これを良い機会に、インチを変更するのもいいでしょう。

たとえば、ランニングコストを低くするために、タイヤのインチを小さくする、などの対応が考えられます。

タイヤとホイールを純正18インチから16インチに交換すれば、かなりランニングコストを下げられます。

アイデア次第で車の維持費は下げられるものです。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする