【三菱・デリカD5】安全性や運転し安さや自動ブレーキはあるの?。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】運転しやすい 運転しにくい

引用:https://www.webcg.net/articles/-/35686

<乗り心地の評価・口こみ>

人それぞれ乗り心地の評価は分かれると思いますがアルファード、エルグランドよりも良い!!って意見もありますね。

いろいろ調べてみても走りの面での評価はかなり高いです。

見えない部分での作りがシッカリしているとのこと。

足回りが良いので走りも良いってことですね!

車体の剛性が強くシッカリと走ってくるようです。これはよいですよね。

その分、運転もしやすいと。視点が高く乗りやすいのもデリカの特徴。

内装の評価は高くないですが走りの面ではミニバンではトップ クラスとの声が高いようです。

内装もしょぼい、高級感はないけど走りの面を重要視すのであれば迷わず買いな車だと思います。

そして新車価格も意外にお手頃のようで。

値引きも多少は期待できるようですねぇ。

ディーゼルよりガソリンのほうが期待できそうです。

走りの良し悪しなんて自分の体験ベーズでしか語れないものです。

しかし、人気メーカーの人気車種しか目が行っていない内は見逃してしまう車種

も多くあり、体験すらしないままミニバンという括りに対して固定概念を持ってしまう方も少なく無いです。

そこで、走りに対してオーナーの評価が高いミニバンを比較しランキングしましたので、参考にしてみてください。

<走破性について>

「少々荒れた道でも駆け抜けられ、ちょっとした雪道ならノーマルタイヤでも走ります」

「雨・雪・強風といった悪天候の時にこそ本領を発揮してくれる気がします」

上記は普段使いにおいて「本来ヒヤッとする状況」での安心感にも繋がるという声ですね。

雨が降ると水たまりが出来る道路や、雨天時の高速道路、豪雪地帯ではないけど

雪はよく降る山間部などで活躍できそうですね。

車体が高い分、走りの面で不利かと思われるがそんなことはなかったです。

ここが私が気に入った部分であります。

だから購入の候補になりました!こんな良い走りをするとは思っていなかったので。

ファミリーカーとしてもかな優秀なところポイントですね! 運転があまり得意

ではない女性にも運転しやすいそうです。

もう一つはピラーが太いので左右の確認がしずらいってことです。

とはいってもピラー部分がどんな車でもけっこう邪魔であるのでこの点は仕方ないのだと思います。

四隅の見切りが良いのでとても運転しやすいとのこと。

サイドビューモニターなどもあるのでその点でもかなりよさそうですが、このク

ラスの車体だとサイドも意外に見やすいってポイントもあります。

デリカは2WDより4WD車の方が最小回転半径が小さい。

小回りが利くってことです。人によっては乗りずらい可能性があります。

そのことを考えたとしてもメリットのほうが目立つので買いだということ。

街中走っている車をみるとサイドステッ

プつけてるD5見たことがありませんが、意外になんとかなるのかもしれない。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】安全性 自動ブレーキ

引用:https://matome.response.jp/articles/559

<「リブボーンフレーム」>

デリカD5には「リブボーンフレーム」と名付けられた肋骨を思わせるような環

状骨格構造が採用されています。アンダーボディには大型のクロスメンバーを採用。

これらによりボディ全体の剛性が飛躍的に高められ、衝突安全性はもちろん、高

速走行時やラフロードでの操縦安定性、静粛性を大きく向上させるとともに、

ロングライフの信頼性も確保しています。

ほ乳類の肋骨のように、ボディフレームの結合部の断面確保することによって生まれた、環状型の骨格構造。

この骨格をモチーフにした室内は、かつてない車内風景をもたらし、乗る人を安心感で包み込みます。

そのタフなボディ設計思想は、スタイリ

ングのディテールにまでこだわりとなって現れています。

デリカD5は、平成19年度自動車アセスメントの衝突安全性能総合評価で、高い衝突安全性能が実証されています。

ただ残念なのは、ミニバンでは付いていて当たり前の機能である自動ブレーキ機能が設定されていない事です。

また、堅牢なボディでありながら歩行者とぶつかった際の歩行者保護にも対応しています。

万一に備え、エンジンとボンネットの間に衝撃吸収スペースの確保をはじめ、フェンダーパネルの樹脂化や変形しやすい

ヒンジ構造など、歩行者の傷害低減をめざした配慮がなされています。

<後退時連動機能付きアクティブコーナリングライト>

コーナリングライトには35Wハロゲンバルブを採用しています。40km/h以下

でのターンシグナルランプ連動に加え、ステアリング舵角に連動し、車両の進行方向を明るく照らします。

暗い交差点やカーブなど、安心して走ることができます。

また、ヘッドライトのロービームまたはハイビーム点灯時、シフトを「R」に入れると、左右両側のコーナリングライト

が同時に点灯。

夜間の縦列駐車や車庫入れなどの際、フロントまわりの視認性を向上させます。

<歩行者保護対応ボディ>

万一に備え、エンジンとボンネットの間に衝撃吸収スペースの確保をはじめ、

フェンダーパネルの樹脂化や変形しやすいヒンジ構造など、歩行者の傷害低減をめざした配慮がなされています。

<衝突安全性について>

デリカ D5は、堅牢ボディ「リブボーンフレーム(環状骨格構造)」に加え、

高エネルギー吸収構造、高剛性キャビン構造を採用した三菱自動車独自の衝突安全強化ボディー(RISE)により、前面

はもちろん、後面、側面衝突時においても乗員へのダメージの低減と生存空間の確保、乗員救出性を高レベルで確保しています。

また、フォースリミッター&プリテンショナー機構付フロントシートベルトによ

り、正面衝突時に乗員が前方に移動するのを低減、さらには、SRSエアバッグ(運転席・助手席)、運転席SRSニーエ

アバッグ(標準装備)やSRSカーテンエアバッグ(タイプ別装備)の採用により乗員の頭部や胸部、脚部を保護します。

平成19年度自動車アセスメントの衝突安全性能総合評価で、運転席・助手席とも6スター(★★★★★★)を獲得しています。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】横滑り防止機能

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/delica_d5/special-…

ASCとは?

三菱さんではASCと呼びますが、各自動車メーカーでは(DSC、ESP、VDC、VSA、など)名称の違いで構造、機能はほぼ同じです.

ASC、DSC、ESP、VDC、VSA、など各社の横滑り防止装置を総じて=ESCと呼称します。

雪など滑りやすい路面などで車の動きが不安定になったとき、危険を回避するため4輪のブレーキを独立制御すると同時

に、エンジン出力も最適に制御し、車を安定させる機能と、 三菱さんでは説明しています。

デリカD5のASC:(アクティブ スタビリティ コントロール)前輪がスリップしやすく、ツルツルに磨かれた雪上では、ま

っすぐ発進するのが難しく、「4WD(AUTO)」、「4WD LOCK」に切り替えるほど発進性、走破性が高まるのがよく分かります。

なお、三菱自動車が「ASC」と呼ぶ横滑り防止装置(ESC、VDC、VDCなど呼称

は様々)を解除すると、当然ながら挙動が不安定になります。

重くて背が高いだけに滑り出すと止まりにくく、氷上に近い雪上で飛ばすとスピンすることも。

雪国でも除雪されている路面では4WD(AUTO)、新雪などの雪上や凍結

路では4WD LOCKを備えることで、ほかのミニバンにはない走破性を誇るデリカD5。

長寿命になっているのは、三菱自動車のお家事情もありますが、高い悪路走破性、走行安定性などほかにはない特徴が

支持されているのも理由ではないでしょうか。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする