【三菱・新型デリカD5】新型デリカD:5各種グレードを徹底解説!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

2019年にフルモデルチェンジをした三菱・新型デリカD:5。

新規設計の2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンと4WDを採用しています。林道や過酷な山道から冬の積雪の上、もちろん街乗りまで日本全国のどんな道路でも走破できるオールラウンダーなクルマに仕上がっています。三菱・新型デリカD:5はSUV×ミニバンという唯一無二のキャラクターから世間からも高い評価を受けています。

本気で遊んで強くなる

引用元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/special/?cid=o_lis-p_gol_GKT-na_SEA_d5-1_hy_20210126

三菱・新型デリカD:5の紹介

三菱新型デリカD:5は2019年にデビューし、今回のモデルで6代目になります。初代~2代目まではワゴンライクな見た目でしたが、4代目スペースギアからはアウトドアだけでなく街乗りでも使えるようなスタイリッシュな見た目になりました。先代のデリカD:5は爆発的な大ヒットとなり、若い層からベテラン層まで幅広い層から絶大な支持を受ける車となりました。

6代目のデリカD:5は新たにダイナミックシールドを採用したフロント、歴代デリカから受け継いだ高い走行性能、先端の安全装備によって唯一無二のミニバン×SUVとなっています。

昨年12月には雨量によってワイパー速度を自動で切り替えるオートワイパー、冬の時期、運転者にうれしいステアリングヒータ―を備え、より安全かつ快適に運転できるようになりました。

今回はこの三菱・デリカD:5のグレードについてご紹介します。

Sponsored Link

【三菱・新型デリカD5】標準車のグレード

新型三菱デリカD:5は従来からのアウトドアライクな見た目のD:5と都会派のD:5アーバンギアの2仕様があります。D:5は標準車高が高く設定されていて見た目からもオールラウンダーであるとわかりやすい形をしていますが、一方のアーバンギアは先代のローデストのように都会派のエアロを装着しており、よりシティーライクな見た目に仕上がっています。ここら辺はライバルの都会派ミニバンであるヴォクシーやエスクァイア、アルファードあたりを意識して設定したようです。

同じ三菱・新型デリカD:5で同じパワートレインを搭載しているのにもかかわらず、イメージを変えて販売されているのが面白いところです。

三菱・新型デリカD:5のグレード

D:5のグレード展開はP、G power package、G、Mの4グレードになっています。

ボディーカラーはウォームホワイトパール、スターリングシルバーメタリック、

ブラックマイカ、エメラルドブラックパール、

ウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック

の5色と2トーンのスターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック、

アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ、

エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック

の3種類、計8パターンが選択できます。

P

三菱・新型デリカD:5の標準グレードでも最上位に位置するPは4,387,900円からの価格設定になってます。

主な装備はマルチLEDヘッドライト(ハイ・ロービーム、光軸調整機能付き)、LEDフォグランプ(ラウンドタイプ、シルバーベゼル)

前照灯にマルチLEDヘッドライト、LEDフォグランプを標準装備。ハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるため、走行中に切り替える必要がなく便利です。

ターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(メッキ)

最上位グレードのPはMではカラードだったドアミラーやドアハンドルがめっきになっています。

アウタードアハンドル(メッキ)

従来の日本車ではドアハンドルが安っぽく、あまり評判がよくありませんでした。今回デリカD:5もほかのライバル車に対抗して高級感のあるドアハンドルを採用しました。

225/55R18タイヤ(マッド&スノー)/アルミホイール(切削光輝仕上げ)

デリカの力強い印象を際立たせる純正ホイールはどのボディカラーにも合うデザインです。今まで純正ホイールはあまりかっこよくないイメージがありましたが、このデリカに搭載されているアルミホイールは切削光輝仕上げで似合っていて交換しなくても十分かっこいいです。

本革巻ステアリングホイール
(シルバー加飾)、ステアリングヒーター

ハンドル部分にもこだわっています。本革風ではなく、本革を採用していることで、手になじみ長距離運転していても手が疲れないようになっています。また、ハンドルヒーターがあることで運転中に手が冷たくならずに済みます。冬場のハンドルは冷たくて手が冷えるのでありがたい機能です。

本革巻シフトレバー
(シルバー加飾)

シフトレバーに関しても本革を採用しており、手になじみます。

左右独立温度コントロール式
フルオートエアコン
(クリーンエアフィルター付

エアコンも一新されました。運転席側と助手席側で温度を調整できるようになっており、それぞれで好きな温度にすることができます。冷え性の方にはうれしいですね。

また、車のエアコンは夏場カビ臭くなりやすいのですが、デリカにはエアフィルターが搭載されており、きれいな空気を送風してくれます。

ルーフビームガーニッシュ
(天井照明)

また、ルーフビームガーニッシュという天井照明を搭載しています。夜、車中泊する際やドライブの時に使えそうですね。

また、このPグレードとG,G powerpackageにはアラウンドビューモニターを搭載しており、周囲の安全をモニターで確認することができます。

スライドドアもG,Gpower packageとともにPにも両側に搭載しています。両側からの乗り降りも楽にできます。

運転席パワーシート

運転席のシートはなんと自動で動いてくれます。自分の体重で動かす必要がないので女性にも優しいですね。

電動パーキングブレーキ /
ブレーキオートホールド

先代では足踏み式のサイドブレーキでしたが、この新型デリカD:5では電動になりました。ボタン一つでオンオフできるので、マニュアル車のクラッチと間違えフットパーキングを踏まずに済むのでいいですね。

特別仕様車JASPER(ジャスパー)

また、歴代デリカD:5で設定されてきた特別仕様車が6代目でも用意されています。現在販売中の特別仕様車のJASPER(ジャスパー)とJASPER コンプリートパッケージの2グレードがあります。

長年販売されている伝統の特別仕様車のジャスパーは専用のシート生地「グランリュクス」を採用しており、滑らかな肌触りのスエード調のシート生地を座面と背もたれ面に採用しています。この生地は多少の水滴であればはじくように撥水加工がなされており、このシート生地のおかげで、マリンスポーツやキャンプなどのレジャーの際にシートが汚れにくいのはもちろんのこと、小さなお子さんやペットがいる家庭でも飲み物などをこぼした際にシートにしみがついたりしにくくなっています。昨今多くなってきているゲリラ豪雨の際にもドアの開閉の時シートがびしゃびしゃになるのを防ぐことができ、様々なシーンで役に立つシートになっています。

そして、フロントグリルとリアグリルには専用のグレーメタリックの塗装が施してあり、一目でジャスパーとわかるようになっていて、見とれてしまいます。また、車体側面には専用のデカールがテールゲートへと貼られており、カナダの国立公園をイメージしたデカールからは優越感をも感じられます。さらにオプションで専用のマッドフラップを選択可能となっています。

Sponsored Link

【三菱・新型デリカD5】アーバンギアのグレード

三菱新型デリカD:5 アーバンギアのグレードと価格

グレード 価格
P  Edition 4489100
Gpower package 4379100
G 4142600

三菱・新型デリカD:5 アーバンギアはD:5のGグレード以上と同じ設定の3グレードとなっています。D:5と同様高級感のある内外装をまとい、先進の衝突軽減ブレーキやレーンチェンジアシストなど安全技術を盛り込んだP Edition、G-power package、価格を抑えたGとなっています。ディーラオプションがP Edition のみ対応のものもあるため、P-Editionがおすすめです。

Sponsored Link

【三菱・新型デリカD5】オススメのグレードは?

三菱デリカd:5のグレードをご紹介しました。その中でおすすめなグレードはD:5であれば特別仕様車のJASPERです。特に撥水加工のシートとフロアの使い勝手がいいためです。また、アーバンギアはオプションで選べるパーツを増やせること、安全装備をすべてつけているP Editionがおすすめです。デリカを購入される際は検討してみてはいかがでしょうか。]

引用元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/grade/urbangear_g_power_package.html

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする