【三菱・デリカD5】サイズ比較, サイズ感は?。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】大きさ

引用:https://autoc-one.jp/mitsubishi/delica_d5/newmodel…

現在のミニバンの中でも販売開始時期では、エスティマに次ぐ最古参モデルとなっている三菱自動車のデリカD5です。

環状骨格ボディと電子制御4WD、210mmというミニバンとしてはかなり高めの最低地上高(ローゼストは190mm)

により高く悪路走破性を誇るという、ミニバンでは独自の商品企画になっています。

また、全長4730×全幅1795×全高1870mmという大きめのボディサイズにより、セレナ、ヴォクシーや

ステップワゴンなどの5ナンバー系と比較すると、とくに3列目の広さも特徴となっています。

3列に大人が無理なく座れるというのも魅力です。

電子制御4WDは、FFがベースで通常時は前輪を駆動させてフリクションロスを低減し、高効率化を図るシステムですが、フロントがスリップしたり、

加速したりする時にリヤデフの前に配置された電子制御カップリングを介して後輪に駆動力が配分されるようになっています。

ドライブモードは「2WD」、「4WD」、「4WD LOCK」

が用意され、2WDの状態では発進時に前輪がスリップ

しやすいですが、ツルツルに磨かれた雪の上では、まっすぐ発進するのが難しいです、「4WD(AUTO)」、「4WD

LOCK」に切り替えるほどに発進性、走破性が高まるのがよく分かるとおもいます。

なお、三菱自動車が「ASC」と呼ぶ横滑り防止装置を解除すると、当然ながら挙動が不安定になります。

重くて背が高いだけに滑り出すと止まりにくく、氷上に近い雪上で飛ばすとスピンする結果にも!。

雪国で、除雪されている路面では4WD(AUTO)、新雪などの雪上や凍結路では4WD LOCKを備えることで、

ほかのミニバンにはない走破性を発揮します。

とくに、クリーンディーゼルエンジンと重いミニバンとの相性がいいですから、ニーズに合う方は古参モデルでも選ぶ価値は十分にありえます。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】サイズ感

デリカD:5の室内サイズは、室内長×室内幅×室内高=

2915×1505×1310mmで、ミニバンとしては平均的なサイズです。

デリカD:5は発売から11年目を迎えるため、設計が新しく室内長3メートルを超えるセレナやステップワゴンよりはやや小さな数字になっています。

ただし、室内幅は1500mmを超えているので、車中泊では大人二人+小さな子供1-2名がゆったり寝られるサイズといえます。

デリカは3列シートを有し、乗車定員は7-8名となっています。

このため多様なシートアレンジが可能です。フル乗車(3列使用)、5名乗車(2列使用)、2名乗車(1列使用)のほか、2・3列

目はそれぞれ分割して格納できるため、片側だけ座席として使用し、格納した側を収納スペースとして使うことも可能です。

<シートアレンジ方法>

・5人乗車
3列目シートを跳ね上げます。そうするとラゲッジスペースが広がり、5名が乗車したとしても荷物を充分に積めます(荷室長1200mm)。

・2名乗車+最大ラゲッジルーム
2列目のシートをチップアップ&スライドし、3列目を上げてみましょう。

後方の空間をラゲッジスペースとして活用することが可能です(荷室長1610mm)。

・フラットシートレイアウト

2列目シートを倒して、リラックスできるフラットモードにしてみてください。

大人2名+子供1?2名の家族で車中泊も可能です。

・フラットシートレイアウト
フロントシートを倒して、ヘッドレストを外してみましょう。2列目シート

に座って足を伸ばしながらゆったりとくつろげる空間に変わります。

このフラットモードは長距離でのドライブの時などに休憩として使っみてもいいかもしれません。

<小物収納スペースも豊富>

室内のスペースを、アイデアで有効利用。家族での移動を考慮し、様々な場所に便利な収納スペースが設けられています。

3列シート

どこに座っても便利な小物入れがありますが、助手席にはティッシュボックスや小物などの収納に便利なアッパーグローブボックスとロアグローブボックス。

さらに、アッパーグローブボックスの底面トレイを取り外せば、上下がつながり深さのある大容量のスペースが生まれます。

助手席と運転席の間にはフロアコンソールボックスがセットされています。

収納スペースとして最大限活用することが可能です。2列目シートの乗員からも利用しやすいカップホルダーは全部で4つ。

小物の収納に便利なフロントボックス、リッドを閉めれば見た目もスッキリなリッド付アクセサリーボックス。

また、メーカーオプションの選択時には、音声/映像入力RCA端子、ACパワーサプライ(AC100V)が設置されます。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】サイズ比較

デリカ vs アウトランダーPHEV 三菱の両車を比較してみました。

<デリカD5の魅力>

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/2017…

デリカの魅力は何と言ってもその悪路走破性と居住性の両立でしょう。

車名の由来が「デリバリーカー」であるがゆえ、多くの人と荷物を確実に届ける事を念頭に設計されています。

過去にパジェロのサポートカーとしてパリダカ7000kmをノントラブルで走りきった経験を持ちます。

サポートカーが競技車より楽な立場かといえばそうではない。

競技車両程の凹凸がない道だが、舗装のない道も多い。

日本では「道」と認識されていないような道ばかりをそれなりの速度で走り続ける必要がある。

また、ミイラ取りがミイラになるような事はあってはならない。

つまりトラブルは許されない。

どんなに砂埃を吸い込んでもだ。そんな懐の深さが普通のミニバンとは決定的に違う個性だ。

約10年前の設計であるが、フルモデルチェンジが行われていない事も手伝って全く古さを感じさせる事無く、輝いている。

デリカを好きな人は多人数乗車アウトランダー以上、パジェロ未満の悪路走破性がほしいディーゼルのゆったりした余裕が好きだなどの点を重視する人でしょう。

<アウトランダーPHEVの魅力>

引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/2018…

一方のアウトランダーPHEVは現在の自動車界においては半歩先を行っている。

EV走行が可能なPHEVは、エンジンが始動しなければスルスルと静かに走りますから、静粛性の高さやプラグインハイブリッドシステムの制御に注意が向き、こうしたフットワークの面までは意識が向きにくくすむのもありそう。

燃費面では、ハイブリッド燃費を1.6km/Lから20.2km/L、モーター効率の見直しで充電電力使用時の走行距離を0.6km/L高めて16.0km/Lとするなど、PHEVを買う人にとっては無視できない小変更が施されています。

PHEVという「ほかにはあまりない」システムだけでなく、家族で乗ったり、ゲストを迎えたりするクルマとして魅力が高まったのは、PHEVというキーワードに引き寄せられていた層以外にも訴求できるSUVに仕上がったというわけです。

ハイブリッドカーの席巻には目もくれず電気自動車へ注力していた三菱が、その架け橋としてリリースした渾身の作である。

誤解を恐れずに言うのならば、初代からアウトランダーは三菱を支え続けていたとさえ思う。

暗黒時代からの脱却を感じさせた初代アウトランダー。

燃費不正問題でもその先進性が功を奏し現在に至るまで高額ながら売れ続けているPHEV。

アウトランダーを好きな人は先進的な機能に惹かれる運動性能、特に加速、ハンドリングが大事ランニングコストを抑えたい予防安全性能がほしいといったポイントを重視する人でしょう。

時計で例えるならば、伝統の機械式時計と先進の電波式時計といったところでしょうか。

ほぼおなじ予算となると。どちらを購入するか悩みどころ、結局どちらを購入しても後悔はないでしょう。

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする