【三菱・デリカD5】燃費はどう?走行の実燃費は?燃費向上のやり方は?。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。


Sponsored Link

【三菱・デリカD5】燃費

三菱自動車のロングセラー車種であるデリカD5ですが、これだけ大きい車体だと、燃費が気になるところですが。

クリーンディーゼル車が売りの三菱自動車ですが、ガソリンのタイプとするとどのくらい差があるのでしょうか、調べて見ました。

2WDと4WDのオーナーさんの口コミをまとめて見ました。

以下はタイプ別です。

1、クリーンディーゼル

2、4WDタイプを所有

3、2WDに切り替えて燃費を計測

・街中でも11kmは走ります。この間600Kmを高速100キロで走行14.7キロ/リッター行きました。

・街乗り9~11km/L 高速道路12~14kmといったところでしょうか。

・燃費は短い試乗コースで10.0km/Lを表示、長距離なら12kmはでるでしょう。

・今のところ一般道路で11kmぐらい、高速道路で13kmぐらいです。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】実燃費 燃費確認

<1、購入者口コミ>

我が家はローゼストDパワーで購入して2年目になります。

走行距離は約1万kmです。

エアコンは吹き出し・風量autoで温度24,5℃でリアクーラー風量弱が基本的にいつもの状態です。

これで平均的にリッター12kmは出てます。

週末の買い出しの街乗りだと、ギリギリでリッター10km位です。

使用パターンは週末の買い出し等の片道10km以上の街乗りか、片道50から120km程度で

8割が高速道路の子供達の通院がメインで、通勤や片道10km以下の近所には使用していません。

最高で15,8km、街乗りでもゆっくり50km位で流れに乗っているとすぐに13以上の数値を表示してます。

高速道路はどうしても時間に追われてハイペースでの走行になるので悪化しやすい感じですかね。

<2、購入者口コミ>

こんな実績です
2013.01.10登録 D-プレミアム_8人乗り

現在 109,2000km

給油回数 195 回
標準燃費 14.10 km/L
最高燃費 16.61 km/L (15/12/23)
最低燃費 10.65 km/L (17/01/18)
燃費(km/L)

標準燃費14.10 km/L
タイトル 給油日 走行距離(km) 給油量(L) 燃費(km/L)
燃費記録 18/07/29 568.0 43.01 13.21
燃費記録 18/07/15 438.0 30.9 14.17
燃費記録 18/07/05 670.0 44.3 15.12
燃費記録 18/06/27 590.0 40.6 14.53
燃費記録 18/06/14 624.0 41.0 15.22
燃費記録 18/06/01 538.0 35.0 15.37
燃費記録 18/05/24 713.0 46.9 15.20
燃費記録 18/05/13 589.0 44.0 13.39
燃費記録 18/04/22 506.0 32.4 15.62
燃費記録 18/04/15 637.7 45.4 14.05
燃費記録 18/03/30 669.3 46.8 14.30
燃費記録 18/03/11 370.4 25.42 14.57
燃費記録 18/03/03 671.0 44.5 15.08
燃費記録 18/02/12 251.0 18.65 13.46

加速を楽しんで走るのでなく、トルクでアクセル操作は優しくぐらいです。
片道110kmのコースの往復が多いです。
だから燃費が良いのではと思っています。
行きがけはA燃費で13.5 (標高460mの蒜山高原)帰りは下りで18.0も行くことがあります。

チョイ乗り、市街地は10ほどですよ。

Sponsored Link

【三菱・デリカD5】燃費向上

現在販売されているデリカD5には、ガソリンエンジンは2.0リッターと2.4リッ

ターが設定され、2WDモデルには2.0リッターエンジン、4WDモデルには2.4リッターエンジンが搭載されています。

4WDと2WDが用意され、4WDモデルにはガソリンエンジンとディーゼルターボエンジン、2WDモデルにはガソリンエンジンが搭載されます。

当初ガソリンエンジンは2.4リッターのみでしたが、2009年に燃費向上のため

に2WDモデル専用に2.0リッターガソリンエンジンが設定されました。

ディーゼルターボエンジンは4WDモデル専用エンジンとなり、排気量は2.2リ

ッターとなり、D5デビューから遅れること5年の2012年に追加設定されました。

デリカといえば2、3代目デリカに当たるスターワゴンの頃からディーゼルとい

うイメージもありましたが、待望のディーゼルエンジン登場となったわけです。

三菱 デリカD:5のディーゼルエンジンのトルクは36.7kgmとなっており、無過

給ガソリンエンジンの3.5リッター並みの性能を有しています。

ちなみに同じく4WDの2.4リッターガソリンエンジンのトルクは23kg-mとなりますので、ディーゼルのトルクがどれだけ強力なのかが分かります。

ディーゼルエンジンは低回転からのトルクが豊富で、ガソリンモデルと比較してもオフロードでの扱いやすさや加速力も増す形となりました。

低回転からのトルクが強力だと、高速巡行時もアクセルを踏む力が少しで済むた

め、長時間の高速道路走行などでも疲労感の軽減にもつながります。

デリカD:5のトランスミッションは、ガソリンエンジンモデルのCVTだと強力な

トルクに対して耐久性の問題があるのか、ディーゼルエンジンモデルは専用の6速ATとなります。

最近は8速ATなどもっと段数の多いATもありますが、正直6速もあれば十分だと思います。

燃費に関してはJC08モードになりますが、2WDガソリン車が13.0㎞/l、4WD

ガソリン車が10.6㎞/l、4WDディーゼルエンジンが13.0㎞/lとなります。

実際に燃費を計測した方々のコメントをみても、2WDと4WDにはそれほど

燃費の違いは無い様に感じます。

ただ、燃費向上を考慮すると、高速道路では2WDに切り替えて試乗したほうがよいと

思います。

(出典:https://motorz-garage.com/parts/detail/190920)

ガナドールのデリカD:5用ガナドールマフラーは、ノーマルマフラーよりも馬力を向上させることにより力強い発進を実現します。

さらに高速域での伸びも大きくなり、大幅に燃費を改善することに成功しています。

開発コンセプトから従来のマフラーとは一線を画し、PBSを搭載することにより、心地よいサウンド、出足の軽さ、優れた省エネ効果などを実現。

車検対応品ですので、高い実用性を誇る新世代のスポーツマフラーです。


クリーンディーゼル車は年式2013.01〜の車両に対応。
ガソリン車は2007.02〜2017.03の車両に対応。

◆価格
・タイプ
クリーンディーゼル車(右シングル)/ガソリン車(右シングル):
・色
ポリッシュ:95,000円
ブルーテイル:101,000円

クリーンディーゼル車(左右出し)/ガソリン車(左右出し):
・色
ポリッシュ:138,000円
ブルーテイル:148,000円

◆性能
・マフラー地上高
クリーンディーゼル車(右シングル)
テール下部:28.5cm
サイレンサー最下部:23.0cm

クリーンディーゼル車(左右出し)
テール下部:27.0cm
リアサイレンサー最下部:23.0cm

ガソリン車(右シングル)
テール下部: 31.5cm
リアサイレンサー下部: 26.0cm

ガソリン車(左右出し)
テール下部: 29.5cm
リアサイレンサー下部: 24.0cm

◆材質
ステンレス

◆色
・タイプ
クリーンディーゼル車(右シングル)/ガソリン車(右シングル):
本体:ポリッシュ/ブルーテイル

クリーンディーゼル車(左右出し)/ガソリン車(左右出し):
本体:ポリッシュ/ブルーテイル
バンパーシェイド:クールシルバーメタリック(A69)/ダイヤモンドブラックマイカ(X37)/ブラックマイカ(X24)/ウォームホワイトパール(W23)/ミディアムグレーマイカ(A75)

◆サイズ
・タイプ
クリーンディーゼル車(右シングル)
テール径:110φ

ガソリン車(右シングル)
テール径:112φ

クリーンディーゼル車(左右出し)/ガソリン車(左右出し)
テール径:98φ

◆適用年式
・型式
LDS-CV1W/DBA-CV5W

貴方の愛車が値引き金額から更に50万円安くなる方法

そう、愛車を50万円以上も安く買う方法があるんです!

中古車の買取相場が高騰してるってご存知ですか?あなたの愛車が実はかなり高く売れるんです。

「面倒だな」「違っても1~2万円」と、安易にディーラー下取りを利用しようとしていませんか?

今乗っている車がどれくらいの値段で売れるか把握しておかないと、営業マンの言いなり値段でしか車は買えません。

まずは、愛車の正しい価値を知ることで損しない下準備をしましょう。

それでは、愛車を値引き相場よりもはるかに安く購入できた理由を解説します。

車に詳しくない人でも簡単に出来るので、知っておくだけでも価値があります。

購入者が損をしているケースがほとんどです。

なぜ損をする?それは下取りが安すぎるから

損をしてしまう理由は、ディーラーの下取り価格が安すぎるから。

「下取り価格を相場より安く見積もり、その分を値引き額を上乗せする」というのは、

どこの販売店でも使ってる営業テクニックです。

その分ちゃんと値引き額に上乗せされていれば問題ないのですが、ほとんどの場合減らされた下取り額 > 増やされた値

引き額となってしまい、そのほとんどの購入者は損をしてしまいます。

損をしないためには、どうすればいいのでしょう?

答えは簡単です。下取りではなく、一番高く買い取ってくれる業者に自分で売りにだせばいいのです、単純な話ですね。

でも、どこの業者が一番高く買い取ってくれるかは、複数社の見積りが揃うまで分かりません。

一日使って買取店を回っても、せいぜい5社くらいから見積りを貰うのが良いところでしょう。それでは面倒くさすぎます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

そこで役に役に立つのが、車買取業者へ一括で査定依頼ができるサービスです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の

買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。




Sponsored Link



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする